>

ホームケアも疎かにせず

口腔内検査とフッ素塗布

予防歯科のため歯科医院を受診した場合、歯科医院にて行われる治療内容はいくつかの種類があります。ここでは予防歯科の治療内容についてご説明いたします。

治療内容といたしましてまず「口腔内検査」が挙げられます。
口腔内検査はいくつかの方法があり、歯周病や虫歯などの有無の確認、歯垢の付着率や出血の有無を検査する方法などがあります。次に歯茎の腫れの状態や歯周ポケットの深さを測定し歯周病であるかどうかの判断を行う検査方法があります。そしてレントゲンの撮影を行い、骨の状態や顎の異常などを検査する方法もあります。
これらの検査が基本的な口腔内検査となります。

次に「フッ素塗布」という治療が挙げられます。フッ素塗布は虫歯予防のために行われます。歯に高濃度のフッ素を塗るといったような内容になっております。

歯磨き指導とスケーリング

予防歯科を目的に歯科医院を訪れた場合には治療内容といたしまして「口腔内検査」や「フッ素塗布」が挙げられます。この他にも「歯磨き指導」や「スケーリング」などが挙げられます。

「歯磨き指導」ではみなさまが行っている歯磨きが正しいかどうかチェックをしてもらい指導を行ってもらいます。毎日、歯磨きをしていたのにも関わらず虫歯になってしまったという方や歯石が溜まってしまったという方もいらっしゃるかと思います。
毎日、歯磨きを行っていた場合でも正しい方法でなければ効果はありません。ホームケアもしっかりと行うためにも歯磨き指導も重要な歯科予防となります。

次に「スケーリング」についてご説明いたします。スケーリングはスケーラーという器具を使用し歯石の除去を行います。歯石は歯周病の原因となってしまうためスケーリングは大切な歯科予防となります。


この記事をシェアする